立地のいいところで戸建てを購入しよう|買い物上手

住宅購入に関する大切な話

お家

購入費用

マイホームを買うということは、人生における最大のイベントでもあり、相応のお金が必要となるためです。大和市で住宅を戸建てを購入する場合、最も気になるのは、購入にかかる初期費用と、購入後に必要となる税金ではないでしょうか。戸建てを購入する時に、最初の段階で支払わなければならない一定の費用を初期費用と言います。大抵の場合は手持ちの現預金で支払うことになりますので、前もって準備しておかなければなりません。初期費用は大きく頭金と諸費用とに分かれます。諸費用には、戸建て購入の際の各種手数料や税金が含まれており、多くの割合を占めています。各人のケースによりますが、一般的には戸建て物件そのものの価格の3〜10%が相場です。つまり、3千万円の家であれば最大で3百万円が必要となる計算ですから、無視できない規模です。資金計画にしっかりと盛り込んでおくようにしましょう。一方、購入後に必要となる費用として代表的なのが、固定資産税、都市計画税、そしてメンテナンス費用です。固定資産税と都市計画税については、大和市に対して市町村税として納税することになります。年に1回ですから、必要経費として計画しやすい費用です。対してメンテナンス費用はいつ、どのくらいの金額が必要となるかは不明なため、あらかじめメンテナンス費用としてまとまったお金を用意しておきましょう。各市町村の自治体によって、税金の内容は異なります。大和市に移住するという人は、大和市の自治体に問い合わせて確認しましょう。